パーティーにヘルシーなケーキと肉料理

ダイエット中や生活習慣病が気になる人であっても、バースデーや記念日のパーティーでは、見た目にも華やかなご馳走を味わいたいものです。パーティーと言えば、メインディッシュの贅沢な肉料理や色とりどりのサラダ、お酒を嗜む大人であれば、乾杯のお酒に合うおつまみや寿司など、気軽につまみながら会話が弾むメニューが最適です。そして忘れてならないのはケーキをはじめとする、パーティーならではのスイーツです。ダイエットの大敵ではありますが、おめでたい宴には外せない重要品目です。せっかくのお祝い料理やケーキを、太りそうとか、身体に良くなさそうなど、後ろめたい気持ちで味わうのはあまりにもったいなく、幸せなひとときも、心底から楽しめなくなってしまいます。手作りするのであれば、素材にこだわって準備し、ヘルシーを意識した調理を行い、ネット通販などを通じてお取り寄せするのであれば、カロリーオフ料理や低糖質を意識したスイーツ等を専門に取り扱っているショップを探して注文するなど一工夫することで、心おきなく美味を味わうパーティー開催を実現することができます。
ゴージャスなパーティーのメイン肉料理と言えば、分厚いビーフステーキ、ジューシーな鶏もも肉や手羽のから揚げ、ミートローフなど、いかにもパーティー向きのメニューが思い浮かびます。もちろん一品くらいであれば高カロリーでボリューム感たっぷりの肉料理も有りですが、どこかでカロリーを抑えたい場合、同じチキンでも脂身のある部位のから揚げでなく、むね肉やささみなどを使ったメニューでヘルシー感をアップします。特にささみは、良質なタンパク質をたっぷり含みながらも脂肪分が少なく、その形状から、さまざまな味付けが肉全体にすぐに馴染むことから、時短料理にも最適な部位です。パーティー料理のように、数多くの料理を一度に調理する際には、サッとできるメニューを幾つか加えるだけで、手早い準備が可能になります。ささみやむね肉は、脂身がほとんど無いことからチキンならではのジューシー感が今一つで、淡白過ぎて物足りないと感じる人もいますが、トマトソースで煮込むなどスープ系の料理にすることで、しっとりした食感で賞味することができます。
最近はこんな肉も人気です「ジビエで人気!ウズラ肉の味やカロリーとは?美味しい食べ方3選も

鶏のささみはほかに、サラダに適した肉としても群を抜いた便利さを持っています。火が通りやすい形状ということで、サッと酒蒸しをして食べやすいサイズに裂いて、好みの野菜と合わせてサラダに仕上げますが、定番のポテトサラダはもちろん、バンバンジー風、ダイコンや水菜などとの純和風など、ヘルシー路線のサラダには欠かせない存在と言えます。サラダだけではなく、シソや梅肉と巻いて焼くか蒸すなどして、さっぱり系のおつまみにも変身します。ボリュームが欲しい人向けにチーズ入りも作り、バラエティ感と彩りを加えます。鶏のささ身は、あらゆる肉の中でも不思議と梅肉との相性が良く、ご飯メニューに、梅肉とささみをメインにした和風ピラフなどを添えると、ヘルシーでありながら、満足感の高い主食になります。じゃこやシソ、きざみ海苔を合わせることで、栄養バランスも良い一品になります。さまざまなメニューに合わせやすい重宝なささみだけに、冷凍庫にも常にストックしておきたい部位です。お得に鶏肉のささみを仕入れるには、ネット検索で業務用の鶏肉を扱っている卸の直営ショップなどを探して、まとめ買いしておくと、思い立った時にすぐに使えて便利です。
ささみの力を借りてヘルシーにまとめたパーティー料理のあとは、いよいよケーキの登場です。ヘルシーなケーキは、豆腐やおからを使ったシンプルなヨーグルトケーキなど工夫されたレシピが数々ありますが、バースデーケーキはやはり、クリームのデコレーションが欲しいところです。色鮮やかなイチゴと生クリームは必須という場合は、スポンジ台の低カロリー化を狙います。最近、グルテンフリー食材として人気が高まり、市販のパンの原材料にも使われるようになって来ている米粉を、小麦粉の代わりに使ってスポンジ台を焼きます。グルテンフリーで注目されている米粉は、小麦粉よりカロリーも低めと言われ、バターなどの油を使う場合も、小麦粉より米粉を使うほうが、油分の吸収率が低く抑えられるとされています。結果、摂取カロリーが抑えられることで、バターを利用したとしてもヘルシーな焼き上がりのスポンジ台となります。スポンジらしさという点では、米粉特有の食感から、ややモチモチしてしまう面はありますが、薄めにスライスして、間にフルーツを多く挟むなどしてそのモチモチ感を逆に生かすこともできます。
米粉を利用すると、洋菓子に欠かせないバターや卵の分量を少なめにしても、その食感によってボリューム感を出すことができますので、カロリーを抑えながらも、満足度の高い仕上がりとなります。小麦粉を使ったケーキと違い、公開されているレシピも試行錯誤の段階といった様相もあり、メイン料理準備で忙しいホームパーティーでは、ヘルシー系の人気ショップから低糖質バースデーケーキなどをお取り寄せしたほうが便利な面もあります。プロのケーキを味わうことで次回の手作りの参考にすることもできます。