血管など珍しい肉を購入する

一般的な肉の専門店ではヒレやサーロイン、リブロースなどの正肉と呼ばれる部分が販売されていますが、珍しいホルモンはあまり扱われていません。ホルモンとは牛や豚などの大腸や小腸のことです。しかし一般的には動物の内蔵の総称として利用されています。動物の内臓はホルモンやモツと呼ばれており、内蔵を使用した焼き肉料理のことをホルモン焼きやモツ焼きと呼びます。ホルモンには様々な部位が存在しており、タンパク質の他にもビタミンとミネラルが豊富なため人気があります、最も有名で一般的な専門店でも扱われているホルモンがレバーです。動物の肝臓であるレバーにはビタミンAやビタミンB群、鉄分、葉酸が多く含まれています。特にビタミンB12と葉酸は造血作用を助ける働きがあり、鉄分とともに貧血予防に効果的です。一般的な家庭などで食べられているレバーは豚のものが多数派ですが、牛や馬、山羊、羊などのレバーも食用とされます。また高級食材として知られるフォアグラはガチョウに特殊な餌を与えて肝脂肪にさせたものでレバーの一種です。高級食材であるフォアグラや山羊、羊などの珍しい肉はあまり一般的な専門店では扱われていません。東京や大阪、名古屋など大都市へ行けば珍しい食材を扱っている専門店も多くあります。しかし人口の少ない地方都市で珍しい食材を探すならば高級食材や業務用食材を扱うインターネットの通販サイトを利用するのが合理的です。一般的な卸売会社では飲食店などの業者を顧客としています。一方インターネットの通販サイトならば個人の消費者でも業務用食材を購入できます。アヒルはジビエじゃない?人気アヒル料理4選&絶品ソースレシピもぜひチェックしてみて下さい。

インターネットの通販サイトでは場所を問わず様々な食材を探すことが可能です。牛や豚などの心臓をハツと呼びますが、心臓に近い血管部分もホルモンの一種とされます。心臓に近い血管なのでハツモトと呼ばれることがありますが、その他にもコリコリ、ポッポ、タケノコなどとも呼ばれています。ハツモトはコリコリとも呼ばれるように食感がコリコリしているのが特徴です。脂肪分はありますが味はあまりなく、焼き肉などにして独特な食感が楽しまれています。インターネットの通販サイトでは心臓に近い血管部分など様々なホルモンを容易に探すことができます。
イチボとは牛のお尻の先の部分にある希少な肉なので、高価ですが一般的な需要はそれほど多くはありません。しかし卸売業者が通販サイトで販売すれば日本中の消費者を顧客とできるためビジネスチャンスが広がります。インターネットの利用により小さな需要でも確実に利益に変えることができる点が牛肉のイチボを卸売に出す時に抑えておきたいポイントとなります。消費者も通販サイトを利用すれば高級食材や珍しい食材を容易に探すことできるので合理的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です