肉を使用した献立を考える

肉を美味しく食べる方法には焼く、煮る、揚げるなどがあります。特殊な場合には生肉を食べることもありますが、基本的に生のものをそのまま食べるのは寄生虫や病原菌が付着しているので危険です。献立を考える際には焼くか煮る、唐揚げにするなどが一般的となります。肉料理の献立を作る場合に、材料の仕入れはスーパーや専門店で行うのが通常です。一方で近年ではインターネットで業務用食材を購入できる通販サイトも利用されるようになりました。「業務用加工肉 冷蔵半調理品の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」も参考になりますが、業務用の豚と仕入れにかかるコストはスーパーなどで購入するよりもインターネットの通販サイトを利用した方が安くできます。同じ商品を仕入れた場合でも小分けにして冷凍保存しておけば様々な献立に使用できるので便利です。冷凍保存する際にはラップで真空状態にするとタンパク質や脂質の酸化抑えることができます。また水分をクッキングペーパーなどで拭き取れば、臭いの発生を抑えることも可能です。水気を取ってラップで真空状態にしたものは冷凍庫で2週間から1か月保存できます。大きいものや厚みのあるものは小さく切ってから冷凍保存すると素早く解凍できるため合理的です。また小分けにしておくことで解凍し過ぎて余るということがなくなります。一度冷凍した肉を解凍すると旨味などの成分が流出するため品質が劣化します。解凍したものは余った場合でも再冷凍せずに使い切ることが重要です。小さく小分けにしておけば余分に解凍する心配がなく、様々な献立に利用できます。
冷凍保存した場合の保存期間は基本的に2週間から1か月ですが、ラップである程度の真空状態を作っても少しずつ酸化します。タンパク質や脂質が酸化すると味も落ちるので、なるべく2週間以内に使い切る必要があります。生肉は消費期限を過ぎると黒く変色して酸っぱい臭いを放ちます。冷凍保存をしておけば腐敗を防ぐことは可能ですが、酸化を防ぐのは難しいので早めに調理するのが美味しく食べるためのコツです。
冷凍保存した肉を解凍し調理する場合には、完全に解凍し切る前に調理する必要があります。完全に解凍すると旨味などの成分が流出しますが、その直前に調理すれば美味しく食べることができます。生のものには消費期限が設定されています。期限が経過する前に必ず使い切ることが重要です。一方インターネットの通販サイトなどで販売されている業務用の肉は、一般的に加工されています。加工された肉には賞味期限があり、多少期限を過ぎても食べることができます。賞味期限は消費期限と異なり食品の安全性を保証する期間ではなく、美味しく食べられる期間です。安全に美味しく料理を楽しむには両者の違いを理解する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です