コブクロなどの肉を購入する

動物の臓物は一般的にもつと呼ばれ、様々な部位があります。例えばコブクロとは子宮のことです。豚のコブクロはコリコリとした食感があり味わいはさっぱりしています。料理方法としては焼くだけでなく煮込みにすることもあります。動物の臓物の中でも豚の肝臓などは有名ですが、胃袋や膵臓、腎臓なども料理に使用されます。臓物を焼いたものを一般的にホルモン焼きと呼びます。ホルモンとは本来であれば大腸や小腸のことですが、コブクロなど様々な臓物の焼き肉が総称してホルモン焼きと呼ばれます。基本的に生肉には細菌や寄生虫が付着していることがあるので食べる場合にはよく火を通す必要があります。特に豚の体内にはE型肝炎ウイルスが存在する場合があり、十分な加熱調理が求められます。北海道などではホルモン焼きとして豚が多く使用されるため、度々E型肝炎の発症者が出ています。ホルモンは低カロリー・低脂肪でありながらミネラルやビタミンが豊富な部分です。ミネラルは汗をかくと体外に排出されてしまうという特徴があります。ホルモンには豚・牛を問わず鉄や亜鉛、銅などが豊富に含まれており食べると夏バテ対策にもなります。またビタミンも豊富に含まれています。ビタミンB12は葉酸と結合することにより赤血球の核酸やタンパク質の合成を助ける働きがあります。ホルモンにはビタミンB12が豊富なため1食で1日の必要量を摂取できます。ビタミンB12と葉酸が不足すると貧血を起こします。ホルモンには両方が含まれているので貧血対策にも有効です。その他にもナイアシンやビタミンB2、ビタミンCなどが豊富に含まれています。豚のコブクロとは?カロリーは?簡単下処理&美味レシピも公開も併せてお読み下さい。
コブクロなどの内臓の肉を購入するならばインターネットの業務用食材を専門とするサイトを利用するのが合理的です。一般の消費者でも登録して利用可能なサイトも存在します。業務用牛肉のミノと通販の仕方は非常にシンプルです。基本的に通販サイトではアカウント登録が必要になります。登録をして商品を比較し、必要なものが見つかったら注文するだけです。後は真空パックで密閉されて冷凍状態の商品が配送されて来ます。
コブクロなど動物の臓物には貧血を防止して免疫力を高める効果や美容効果などがあります。ビタミンやミネラルが豊富なので正しく調理すれば健康の維持に役立ちます。一方で生肉には細菌や寄生虫が付着していることもあるので、よく火を通してから食べることが重要です。冷凍保存されたものも解凍後は細菌が繁殖するので、なるべく早くに調理する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です