お肉のギフト券について

お肉を直接贈り物にすると、消費期限などの問題があるため送り先にとって多少の不便があります。しかしギフト券を贈る場合には有効期限内であれば送り先の都合に合わせて好きな商品を購入できるので便利です。高級な牛肉などは贈り物にすると大変喜ばれます。しかし現実的な消費期限などの問題があるため、ギフト券を贈る方が合理的です。日本国内で流通しているお肉のギフト券は大きく2種類に分類できます。まず日本全国の食肉業者が加盟する組合で発行しているものがあります。これは額面が1枚あたり500円と小口ですが、組合に加盟しているお店ならどこでも使用できます。一方で特定の業者が発行しているものもあり、千円単位のものから数万円のものまで様々なです。特定の業者が発行しているタイプでは送り先で商品を選んで返送するという形になります。最近では結婚式の引出物でもカタログが郵送され、品物を選択して返信するという事例が見られます。特定の業者が発行しているお肉のギフト券はそれと同じようなシステムです。組合が発行しているものは送り先の近所に加盟している店舗がないと使用できませんが、特定の業者が発行しているタイプならば日本全国どこに住んでいても使用できます。特定の業者が発行しているタイプはインターネットの通販サイトで手軽に購入できるという点も大きな特徴です。一方組合が発行しているものは加盟している店舗で購入することになります。高級品ではなく日用的な商品を購入するためのものを贈りたい場合には組合が発行しているものを選択する方が合理的です。その場合には送り先の近所に使用可能な店舗があるかどうかを確認する必要があります。特定の業者が発行しているタイプは高級品を贈りたい場合に便利です。仕入れの参考に!「牛」「豚」「鳥」おいしい肉の選び方も、ためになります。

お肉のギフト券には全国の食肉業者が加盟している組合が発行するものと、特定の業者が発行するものがあります。特定の業者が発行しているタイプは、それぞれの業者間でも違いがあります。例えば引き換えの対象となる商品にも松阪牛や米沢牛、近江牛など様々なです。実際に選択する際にはそれぞれの違いを考慮することが重要となります。
一般的に流通しているお肉には牛や豚、鶏などが存在します。特定の業者が発行しているギフト券は高級な牛を対象としているのが通常です。一方で組合が発行しているものは牛だけでなく豚や鶏などの購入にも利用できます。全国の加盟店も6000店を超えています。沖縄県では平成24年に組合が解散されたため利用できませんが、それ以外の地域では利用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です